検定試験

■建設機械施工技士制度について

* 建設機械施工技士制度をご存知ですか?

建設工事の機械化施工において、その施工品質を高め、安全性と能率を向上させ、かつ、工事費を軽減するためには、使用する建設機械の適否とともに、現場での施工を管理し、機械を操作する機械施工技術者としての知識と能力が重要な要素となります。

この制度は、このような時代の要請に答えて施工技術の向上を図るため、建設業法に基づき実施される技術検定であり、建設工事の機械化施工などに従事されている皆様を対象にしています。

どのような資格ですか?

建設工事の機械化施工において、その施工品質を高め、安全性と能率を向上させ、かつ、工事費を軽減するためには、使用する建設機械の適否とともに、現場での施工を管理し、機械を操作する機械施工技術者としての知識と能力が重要な要素となります。

この制度は、このような時代の要請に答えて施工技術の向上を図るため、建設業法に基づき実施される技術検定であり、建設工事の機械化施工などに従事されている皆様を対象にしています。

資格をとるにはどうすれば良いですか?

1級又は2級建設機械施工技術検定試験(学科と実地)を受け、これに合格することが必要です。

資格をとるとどんなメリットがありますか?

  1. 「1級又は2級建設機械施工技士」の称号が与えられます。
  2. 建設業の許可基準のひとつである営業所ごとに置く専任の技術者や建設工事現場に置く主任技術者又は管理技術者(1級のみ)になれます。
  3. 建設業法に基づく経営事項審査における技術力の評価に計上する技術者数にカウントできます。
  4. 労働安全衛生法に規定する車両系建設機械の特定自主検査者として必要な研修科目の全部又は一部免除などの特別の取り扱いが受けられます。